桜木星子の“宝塚×MAG”

桜木星子の“宝塚×MAG”

宝塚歌劇を「知って」「好きになって」「もっと楽しんで」いただくためのMagazine

花組

10月 20日

花組トップスター・真飛 聖、退団を発表!

花組トップスター・真飛 聖さんが東京宝塚劇場『愛のプレリュード』『Le Paradis!!(ル パラディ)-聖なる時間(とき)-』の千秋楽(2011年4月24日)にて退団することが発表されました。
記者会見は10月21日に行われます。

真飛 聖写真集「SANCTUARY」真飛 聖さんは、1995年『国境のない地図』で初舞台。
星組を経て花組に組替え。
2007年『メランコリック・ジゴロ』『ラブ・シンフォニー?』(中日劇場)より、前・花組トップスター・春野寿美礼さんの後任として花組トップスターに。

愛称は「ゆう」。


『太王四神記』のタムドクや『虞美人』の項羽など豪華なコスチュームプレイも似合う反面、『雨に唄えば』のリナ、『相棒』の杉下右京など個性的な役も上手い実力派。
最近では『麗しのサブリナ』のライナス・ララビーの包容力ある大人の男役も素敵でした。


突然の退団発表に驚いてしまいましたが、退団までまだ半年以上あります。
気品と色気が混在する真飛 聖の男役を、楽しみましょう。

真飛 聖さん、退団までの出演予定は以下の通りです(予定)

◆『メランコリック・ジゴロ』『ラブ・シンフォニー』
 11月13日(土)~12月12日(日) 全国ツアー

◆『愛のプレリュード』『Le Paradis!!(ル パラディ)-聖なる時間(とき)-』
 2月4日(金)~3月7日(月) 宝塚大劇場
 3月25日(金)~4月24日(日) 東京宝塚劇場
5月 30日

花組トップ娘役・桜乃彩音さん、退団

本日5月30日、花組トップ娘役・桜乃彩音さんが、ミュージカル 『虞美人』-新たなる伝説-の千秋楽(東京宝塚劇場)にて宝塚歌劇団を退団しました。

ayane2桜乃彩音さんは2002年星組公演『プラハの春』『LUCKY STAR!』で初舞台。88期生。

2006年より、花組トップスター・春野寿美礼さんの相手役、2008年より同じく花組トップスター・真飛 聖の相手役を務めました。

愛称、あやね。

わずか研2で演じた『野風の笛』の千姫をよ~く覚えています。なんと初々しくて可愛らしい娘役さんだろう…と。

それから大役続き。やがて春野寿美礼さんの相手役となり、真飛 聖の相手役となり…。
気づけば、トップ娘役の中でも1番のベテランになっていました。

若い学年からの抜擢続きですから、経験したことのないものばかり要求されてきたに違いありません。
見かけはおっとりとしたあやねちゃんが、陰では必死にがむしゃらに走ってきたのでしょうね。

いつまでも清楚で可憐な娘役さんだった桜乃彩音さん。お疲れ様でした。そしてありがとう。


◆All About「宝塚ファン」
花組トップ娘役・桜乃彩音――退団

5月 14日

大浦みずきさま…

バレンタインデーで3ヶ月、ホワイトデーで4ヶ月…

毎月14日になるとそう数え、今日で半年。

元花組トップスター・大浦みずきさんが亡くなられて半年。

半年が長かったのかあっという間だったのか……わかりません。
今もまだ実感がなく、悲しい夢を見ただけのような気分。
夢なら、どんな夢でも許すのに…
あれほど流した涙、喜んでぜんぶチャラにするのに…

勇気を出し、先日やっと『メモアールド・パリ』だけを見ました。
プロローグ、なつめさんの登場で苦しんだものの、「そうそう!」「これよね~」などとどんどん引き込まれ、でも「パッシィの館」の場面にきて……小原先生も山田卓先生もなつめさんも…みんなもう……と、どつぼ。

きっと、しばらくこうでしょう。それでいいかな。
“思い出”にするまでには、まだまだ時間がかかりそうです…


◆All About「宝塚ファン」
大浦みずきさんへ…

100514
4月 28日

○組とは

宝塚歌劇団の生徒は全員で400~450名。その全員が組に属しています。

組は……花組・月組・雪組・星組・宙組の5組。
花組、月組は1921年に、雪組は1924年に、星組は1933年に創設され、一番新しい宙組は1998年に誕生しました。

また5組には属さず、どの組にも出演できるベテランの生徒が在籍している専科という組もあります。

組についてよく聞かれるのが「花組にはどーゆう人が入るのですか?」「月組ってどんな組なのですか?」…
“どーゆう人が入る”とか“こーゆう組”なんて決まりは、特にありません。

宙組がまだなかったある時期、「ダンスの花組」「芝居の月組」「日本物の雪組」「コスチュームの星組」などと呼ばれたことがありました。
ダンスのレベルの高かった花組。いい芝居するねぇ~と思わせた月組。日本物が抜群だった雪組。華やかなコスチュームプレイが似合った星組。
各組とも、そう呼ばれるのがぴったりな組でした。

でもそれは、そうした組を作ろうとして作ったのではなく、どれも当時の生徒たちが作り上げたもの。

つまり――“○組はこーゆう組”なんていうその組の雰囲気、魅力、色は、その時のトップスターを筆頭に組子(その組の生徒たち)全員で作られるものなのです。

livedoor プロフィール
元タカラジェンヌ&いち宝塚ファンの視点から宝塚歌劇の魅力をご紹介します。
All About「宝塚ファン」ガイドを務めています。Twitterフォローよろしく
記事検索
Twitter
ギャラリー
  • 「宝塚GRAPH」2011年4月号
  • ル・サンク vol.125『愛のプレリュード』/『Le Paradis!!』
  • 花組トップスター・真飛 聖、宝塚大劇場とさよなら…
  • 「歌劇」2011年3月号
  • 「宝塚GRAPH」2011年3月号
  • ル・サンク vol.124『ロミオとジュリエット』
  • 「歌劇」2011年2月号
  • 宝塚歌劇団を去るとき
  • ル・サンク『タカラヅカスペシャル2010~FOREVER TAKARAZUKA~』
  • 「宝塚GRAPH」2011年2月号
  • 映画版『THE SCARLET PIMPERNEL』全国ロードショー!!
  • 映画版『THE SCARLET PIMPERNEL』全国ロードショー!!
  • ペアならお得!「タカラヅカ・母の日スペシャル」 
  • 「歌劇」2011年1月号
  • 2011年の宝塚、どう来る?
  • 2010年 宝塚歌劇団まとめ
  • 2010年 宝塚歌劇団まとめ
  • ベルサイユのばらカルタ
  • 宝塚×漫画 雪組『ベルサイユのばら』
  • 宝塚×漫画 雪組『ベルサイユのばら』
  • 「宝塚GRAPH」2011年1月号
  • タカラジェンヌの歌うX'mas song CD
  • 「歌劇」2010年12月号
  • 日本物の幕開き「チョンパ」
  • ル・サンク vol.123『誰がために鐘は鳴る』
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚×漫画 雪組『猛き黄金の国』
  • ル・サンク vol.122『宝塚花の踊り絵巻 -秋の踊り-』『愛と青春の旅だち』
  • 「宝塚GRAPH」2010年12月号
  • 赤毛のなっちゅん―宝塚を愛し、舞台に生きた妹・大浦みずきに
  • 宝塚ステージカレンダー
  • 「歌劇」2010年11月号
  • 宝塚スターカレンダー・宝塚卓上カレンダー
  • 宝塚スターカレンダー・宝塚卓上カレンダー
  • 花組トップスター・真飛 聖、退団を発表!
  • 「宝塚GRAPH」2010年11月号
  • ル・サンク vol.121『ジプシー男爵 -Der Zigeuner Baron-』『Rhapsodic Moon』
  • 「歌劇」2010年10月号
  • NEW GENERATIONⅡ
  • 「宝塚GRAPH」2010年10月号
  • 「歌劇」2010年9月号
  • ル・サンク vol.120『麗しのサブリナ』『EXCITER!!』
  • 「宝塚GRAPH」2010年9月号
  • 水夏希メモリアルブック
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「歌劇」2010年8月号
  • ル・サンク特別編集「ロミオとジュリエット」
  • 宝塚歌劇検定公式問題集[第1回]
  • 雪組トップスター・水 夏希、宝塚大劇場とさよなら…
  • 「宝塚GRAPH」2010年8月号
  • 「TAKARAZUKA REVUE 2010」
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ