桜木星子の“宝塚×MAG”

桜木星子の“宝塚×MAG”

宝塚歌劇を「知って」「好きになって」「もっと楽しんで」いただくためのMagazine

2010年04月

4月 30日

トップスター

花、月、雪、星、宙の5組それぞれにトップスターが1名います。

それは主役を演じ、誰よりも豪華な衣装を着て、誰よりも大きな拍手を浴びる……約80名の組子(その組の生徒たち)の頂点に立つ人です。
実力、人気、華など、トップスターとしてふさわしい人が宝塚歌劇団より任命されます。

トップスターの相手役でありヒロインを演じる人を、トップ娘役と言います。
二人合わせて、トップコンビと呼ばれています。

トップスターの任期はそれぞれですが、だいたい半年~4年。後進にトップの座を譲るため、退団してゆきます。

トップスターは、その組の“顔”であり、宝塚歌劇団の歴史を作ってきました。大きな羽根飾りを背負う分、大きな責任も背負っているのです。

さて、現在テレビや映画で大活躍のあの人も、宝塚の元トップスターです。

大地真央さん 月組トップスター(1982年~1984年)
黒木 瞳さん  月組トップ娘役(1982年~1984年)
真矢みきさん 花組トップスター(1995年~1998年)
天海祐希さん 月組トップスター(1993年~1995年)
檀 れいさん  月組トップ娘役(1999年~2001年)
         星組トップ娘役(2003~2005年)


偉大なトップスターさんたちはもっと!
◆All About「宝塚ファン」
宝塚歌劇団 トップスターの変遷

4月 29日

必需品!ビニールテープ

初舞台生のラインダンスを見ていて、ハイヒールが妙に光るのに気づきました。
オペラグラスで確認すると、その正体はやはり……

透明のビニールテープ。

ビニールテープの場所は、足の甲よりもう少し足先に近い部分。
そこを、ぐるっと1周巻いて固定してしまいます。

なぜか…。ヒールが脱げないため。

ストラップのないヒールはもちろん、ストラップの付いているヒールでも、踊ると脱げちゃう場合があるのです。ラインダンスの足上げなんて特にね。
ビニールテープって、引っ張ると若干伸びますよね。これがいいのですよ。

私もやっていました。つまりタカラジェンヌは昭和の時代からビニールテープのお世話になっていたというわけです。
こういうことを最初に考えた人ってエライわ~

4月 28日

○組とは

宝塚歌劇団の生徒は全員で400~450名。その全員が組に属しています。

組は……花組・月組・雪組・星組・宙組の5組。
花組、月組は1921年に、雪組は1924年に、星組は1933年に創設され、一番新しい宙組は1998年に誕生しました。

また5組には属さず、どの組にも出演できるベテランの生徒が在籍している専科という組もあります。

組についてよく聞かれるのが「花組にはどーゆう人が入るのですか?」「月組ってどんな組なのですか?」…
“どーゆう人が入る”とか“こーゆう組”なんて決まりは、特にありません。

宙組がまだなかったある時期、「ダンスの花組」「芝居の月組」「日本物の雪組」「コスチュームの星組」などと呼ばれたことがありました。
ダンスのレベルの高かった花組。いい芝居するねぇ~と思わせた月組。日本物が抜群だった雪組。華やかなコスチュームプレイが似合った星組。
各組とも、そう呼ばれるのがぴったりな組でした。

でもそれは、そうした組を作ろうとして作ったのではなく、どれも当時の生徒たちが作り上げたもの。

つまり――“○組はこーゆう組”なんていうその組の雰囲気、魅力、色は、その時のトップスターを筆頭に組子(その組の生徒たち)全員で作られるものなのです。

4月 26日

「同窓名簿を作る」の夢

ここにも「タワゴト」という名のいい加減なカテゴリを作ってしまいました…。つまり「たいしたことは書いていない」と思って下さって…結構?

さて――長く私とお付き合い下さっている方々はご存知でしょうが、私、宝塚の夢をよ~く見ます。
1番最近の夢は「同窓名簿を作るという責務を仰せつかった私」の夢。

同窓会名簿宝塚歌劇団は○周年ごとに、同窓生の名簿を作ります。大正2年入学の1期生から現役の生徒さんまでずら~っと載っているこの名簿は、卒業生・現役生全員に配られます。おそらく夢の中のは100周年に配る名簿なのでしょう。

ナゼゆえ私が名簿を作らねばならないのか……? んなこと知らん。で、なぜか楽屋の中でノートを手に生徒さんに「退団した同期生の住所を教えていただけないでしょうか…」と恐る恐る聞き回っているのです。

何組の楽屋かはわかりません。でも大空祐飛サンと霧矢大夢サンと大和悠河サンがいました。ということは、かなり前の月組なのかも?(と…真剣に考えたところで…)プラス汐美真帆サンがいればシューマッハなのに…(と…惜しがったところで…)

楽屋はざわざわとしていて、みんな私をスルーします。ところがそこで霧矢大夢サンが「ねぇ!住所教えてあげて!」と叫びます。なんていい人なんだろう…と思う私。私の周りに人だかりがして、着々とノートに住所が……。
――そんな夢。

夢の中ではお世話になりました。パーシー、もうすぐ観に行くよ!

4月 25日

雪組・彩吹真央さん、退団

本日4月25日、雪組スター・彩吹真央さんが、宝塚ミュージカル・ロマン『ソルフェリーノの夜明け』-アンリー・デュナンの生涯-/ショー・グランデ『Carnavale 睡夢』-水面に浮かぶ風景-の千秋楽(東京宝塚劇場)にて宝塚歌劇団を退団しました。

彩吹真央さんは1994年花組『ブラック・ジャック 危険な賭け』『火の鳥』で初舞台。80期生。

『エリザベート』のルドルフやフランツ、『ファントム』のジェラルドなどのミュージカル作品で、抜群の歌唱力を発揮。
また『シルバー・ローズ・クロニクル』エリオット、『マリポーサの花』エスコバル、『カラマーゾフ兄弟』イワン・カラマーゾフなど当り役もたくさん。
(エスコバル、よかったなぁ…。さりげなく格好いい…)

『AYABUKI Mao Song Collection』ファンの方は“トップスターとして0番に立つゆみこさん”“1番大きな羽根を背負うゆみこさん”の姿を見たかったことでしょうね……。残念ながらそれは叶いませんでしたが、二番手の力の大きさ、偉大さを教えてくれました。

男役・彩吹真央さん、16年間お疲れ様でした。そしてありがとう。

◆All About「宝塚ファン」
雪組・彩吹真央――退団

4月 24日

ご挨拶

初めまして! 私、桜木星子(さくらぎせいこ)と申します。

その昔、宝塚歌劇団におりました。68期生。花組。娘役。年齢は…ま、ご想像にお任せします。

宝塚歌劇。食わず嫌いの方が多いようです。
女性だけで男役なんてゆーのがいるし、スパンコールとか羽根飾りとかミラーボールとかやたら派手だし、日比谷界隈にいるファンは熱狂的だし。
でも「特別」ではあっても、決して「特殊」ではありません。元気でキレイで可愛い女の子たちが、ミュージカルを行っている劇団です。

宝塚歌劇をご存じない方に、少しでも知っていただきたい…。宝塚ファンの方々には、もっと楽しんでいただきたい…。そんな思いから、2001年2月のAll About立ち上げ時より「宝塚ファン」ガイドを務め、温かいユーザーの方々に支えられえ現在に至っております。

この度縁あって、このlivedoorさんでブログを立ち上げることとなりました。もちろんAll About「宝塚ファン」はメインサイトとして続行いたしますが、こちらではブログ感覚でさくっと書いてゆきたいと思っております。

現在まだプレビューです。今後デザインなど変更すると思いますが、All About「宝塚ファン」同様、「宝塚×MAG」、どうぞよろしくお願いいたします!

*更新は不定期です!

livedoor プロフィール
元タカラジェンヌ&いち宝塚ファンの視点から宝塚歌劇の魅力をご紹介します。
All About「宝塚ファン」ガイドを務めています。Twitterフォローよろしく
記事検索
Twitter
ギャラリー
  • 「宝塚GRAPH」2011年4月号
  • ル・サンク vol.125『愛のプレリュード』/『Le Paradis!!』
  • 花組トップスター・真飛 聖、宝塚大劇場とさよなら…
  • 「歌劇」2011年3月号
  • 「宝塚GRAPH」2011年3月号
  • ル・サンク vol.124『ロミオとジュリエット』
  • 「歌劇」2011年2月号
  • 宝塚歌劇団を去るとき
  • ル・サンク『タカラヅカスペシャル2010~FOREVER TAKARAZUKA~』
  • 「宝塚GRAPH」2011年2月号
  • 映画版『THE SCARLET PIMPERNEL』全国ロードショー!!
  • 映画版『THE SCARLET PIMPERNEL』全国ロードショー!!
  • ペアならお得!「タカラヅカ・母の日スペシャル」 
  • 「歌劇」2011年1月号
  • 2011年の宝塚、どう来る?
  • 2010年 宝塚歌劇団まとめ
  • 2010年 宝塚歌劇団まとめ
  • ベルサイユのばらカルタ
  • 宝塚×漫画 雪組『ベルサイユのばら』
  • 宝塚×漫画 雪組『ベルサイユのばら』
  • 「宝塚GRAPH」2011年1月号
  • タカラジェンヌの歌うX'mas song CD
  • 「歌劇」2010年12月号
  • 日本物の幕開き「チョンパ」
  • ル・サンク vol.123『誰がために鐘は鳴る』
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚パーソナルカレンダー
  • 宝塚×漫画 雪組『猛き黄金の国』
  • ル・サンク vol.122『宝塚花の踊り絵巻 -秋の踊り-』『愛と青春の旅だち』
  • 「宝塚GRAPH」2010年12月号
  • 赤毛のなっちゅん―宝塚を愛し、舞台に生きた妹・大浦みずきに
  • 宝塚ステージカレンダー
  • 「歌劇」2010年11月号
  • 宝塚スターカレンダー・宝塚卓上カレンダー
  • 宝塚スターカレンダー・宝塚卓上カレンダー
  • 花組トップスター・真飛 聖、退団を発表!
  • 「宝塚GRAPH」2010年11月号
  • ル・サンク vol.121『ジプシー男爵 -Der Zigeuner Baron-』『Rhapsodic Moon』
  • 「歌劇」2010年10月号
  • NEW GENERATIONⅡ
  • 「宝塚GRAPH」2010年10月号
  • 「歌劇」2010年9月号
  • ル・サンク vol.120『麗しのサブリナ』『EXCITER!!』
  • 「宝塚GRAPH」2010年9月号
  • 水夏希メモリアルブック
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「2010 Handy Takarazuka Otome」
  • 「歌劇」2010年8月号
  • ル・サンク特別編集「ロミオとジュリエット」
  • 宝塚歌劇検定公式問題集[第1回]
  • 雪組トップスター・水 夏希、宝塚大劇場とさよなら…
  • 「宝塚GRAPH」2010年8月号
  • 「TAKARAZUKA REVUE 2010」
このブログについて

その道のプロ「シェルパ」が未知の世界へご案内。

Sherpa Blog
藤本 健 の“DTMステーション”
南 樹里の“映画評マニエラ”
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ